ベランダ菜園 ゴーヤ栽培

ベランダ菜園では
ゴーヤの栽培が人気ですね。



暑さの対策、
光熱費節約にもなるゴーヤは

病害虫にも強いので
日当たりを確保すれば
すくすく育っていきます。



ゴーヤもいくつか品種がありますが、
基本的にはどの品種も
栽培方法は一緒です。



苗から育てれば
5月から6月に植え付けて、
7月には収穫が可能です。



また苗だと加温や発芽の工夫がいらないため、
初めての方は苗が断然おすすめです。



プランターとは別にラティス、
支柱といった道具が必要になりますが、

全て別で用意すると
お金も場所もとってしまうので

ラティス付きのプランターを買うと
コンパクトに収まると思います。



土もすぐに使える状態に
ブレンドされたものを使用すると簡単です。




植え付け:


プランターに土を入れて
肥料を入れて、

根が肥料に触れないように
量を調節して土を入れます。

苗を土に置いたら1p程
茎が埋まる程度に土を入れます。



摘心:


葉が5枚ほどでてきたら、
真ん中から出てきている
親ずるの上の芯を切ります。

芯を摘むと新しい子づるがでてきます。

これも一本あたりに
8枚から10枚葉がでてきたら
同じ要領で摘みます。

さらに脇の葉から孫づるが出てて、
ゴーヤは孫づるに沢山の実をつけるので
摘心は2回行うのです。

1回目の摘心の後伸びてきた子づるは、
支柱やネットに巻きつくように誘導しましょう。

2回目の摘心後、花が咲いたら受粉して
半月ほどで収穫という流れになります。

毎日の世話として優しく水をあげましょう。

苗木から育てれば割と簡単に
出来て多様できる野菜です。


スポンサード リンク

ベランダ菜園は、ご自宅のベランダで初心者でもすぐに始められますが、
ご自宅のベランダの環境を把握することも大事になってきます。