ベランダ菜園 注意する事

ベランダ菜園で注意する事ですが、
小さなスペースでも
簡単に始められるベランダ菜園ですが、

これはやってはいけないという
ルールやマナーを注意して
取り組む事も大事です。




環境についての注意点:


ベランダと一口にいっても、
お住まいの地域の気候や

建物の作りによっても日当たりや、
風通しが大きく変わってきます。

野菜を育てるのに一番大事な日当たり、
通気性を意識して、
建物の特徴に合わせてうまく工夫する事。

例えばコンクリートに囲まれて
どうしても日が当たらなければ、

プランターの高さを台で調節したり、
室外機の熱気での野菜のダメージを防ぐために
ウッドパネルを敷いたりと、

各環境によって対応は違いますが、
野菜に必要な環境の確保を
念頭に置けば自然と対応できると思います。



近隣への注意点:


マンションで行うベランダ菜園の場合は、
近隣への配慮がとても大事です。

水やりや土をいじる作業の時は、
下の階の洗濯物にこぼれない様に注意して行う。

また土が排水溝に流れてしまうと
つまりの原因にもなります。

シートなどを引いて作業すると、
片づけもはかどって一石二鳥です。



安全の注意点:


ベランダに設置されている
避難用のはしごの近くは
必ずスペースを確保しましょう。

緊急時に近くがプランターでいっぱいだと、
避難に支障をきたす場合があり非常に危険です。

最低限のルールとマナーを守れば、
楽しくベランダ菜園が行えるはずです。


スポンサード リンク

ベランダ菜園は、ご自宅のベランダで初心者でもすぐに始められますが、
ご自宅のベランダの環境を把握することも大事になってきます。